ビットコインより株式投資をおススメする理由~初心者はまず株から


株、先物、FX、ビットコイン、その中で一番儲かるのはどれか?初心者向けの投資は?

最近、話題といえばビットコインを始めとする仮想通貨への投資ですね。

一攫千金を夢見て、多くの人が仮想通貨の取引をしているようです。

2017年の始め1ビットコインが10万円だったものが2017年の暮れには200万円になりました。ざっと20倍

しかし、2018年に入って仮想通貨バブルが弾け、現時点では高値の半値以下になっています。

私は仮想通貨にはタッチしていないですが、コインチェックの件も含め、仮想通貨にまつわる狂騒曲を見ていると、これなら株の方がマシじゃないか、とも思います。

つまり初心者ならビットコインより株をやった方がいいのではないかと。

そう思える点をいくつか挙げてみました。

ビットコインより株投資の方が魅力的な訳

ビットコインが20倍なら株は100倍に化ける

ビットコインの魅力はわずか1年の間に20倍にも値上がりしたことですね。

短期間で億万長者も夢じゃないと。株ではそんな値上がりは期待できない・・・

いや、実は、株のそんな光景は日常茶飯事です。

例えば、ガンホー株はパズドラの大ヒットのお陰で、わずか1年(2012年の夏から2013年の夏にかけて)でなんと100倍に化けました。

ビットコインの20倍なんか目じゃありません。

100万円の元手で1億です。(もちろん、そんな風に安値で買って最高値で売るなんて芸当は誰もできませんが)

株の場合、1年で10倍、20倍になる銘柄なんてザラにあります。

つまり、短期高騰を狙う投機目的の投資なら株だって負けていません。

税制でも株が圧倒的に有利です

仮想通貨の投資で1億円儲けても、半分は税金で持っていかれます

仮想通貨の所得は雑所得なんで、そうなるんです。たくさん儲ければ儲けるほど累進課税がきつくなり、税金でゴソッと徴収されます。

一方、株の場合はどれだけ稼いでも税率は一律20%です。

税金の面からみても株の方がはるかに安い。

また株の場合、1年間の損失分を翌年の利益と相殺して税を支払うことができます。

昨年100万円損して今年100万円儲けたら、今年は税金払わなくてもいい仕組みです。(手続きをしていれば、今年払った税金が還付されます)

仮想通貨ではそれはできません。去年いくら損していても、今年の利益分の税金はそのまま取られます。

株の税金は、証券口座を開設する時に源泉徴収アリを指定していれば、すべて証券会社がやってくれます。

税金のことなんか考える必要もありません。

圧倒的に株の方が楽です。取引にだけ集中していればいいのです。

仮想通貨取引そのものの信頼性に疑問

2018年1月末、仮想通貨取引会社コインチェックによる580億円の流出事件がありました。仮想通貨自体の安全性というより、それを取り扱っている会社のシステム上の杜撰さが問題のようですが、これは仮想通貨投資をやる際のひとつの大きなリスクになります。

しかもこれは自分では防ぎようのないリスクです。

あの流出事件を見ていると、とてもじゃないが、仮想通貨に投資する気になれません。

証券会社に預けておいたお金が消えた、なんてことは今までに聞いたことがありませんから。

これは私の考えですが、仮想通貨で大儲けしている人は投資(投機)のビギナーではないと思います。おそらく株や先物やFXで実績のある人が大儲けできるのではないでしょうか。

初心者が行う投機でビットコインはあまりおススメできないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする