おでこの上、生え際を押すと痛い~原因と病名は何?

最近、頭部や顔のある部分がピリピリと痛み出すことがあります。

こめかみの痛みは以前からあったのですが、先日は額の上の方、髪の生え際辺りが痛みました。

押すとピリピリと電気が走ったように痛みます。痛みは中からではなく表面付近から来ている感じでした。

この痛み、何だろう?とずっと思っていたのですが、2、3日で消えるのでそのまま放置していました。

しかし、痛みは忘れた頃にぶり返します。

わざわざ医者に行って診断を受けるまでもない話ですが、私は月に一回、狭心症の治療で循環器内科に通っているので、ついでに医師に訊いてみました。

すると、医師から

「その感じだと、どうやら神経痛みたいだね。頭部神経痛かな」

医師によると、ピリピリ痛むのは神経痛の症状で、こめかみ辺りから鼻、顎、首筋のかけては三叉神経が走っており、三叉神経痛はよくある症状だそうです。

三叉神経はさらに額の方にも伸びていて、頭の上には後頭神経があり、すべて繋がっているとのこと。

そう言えば、こめかみもよく痛みます。

「なんなら薬出すけど」と医師から言われたのですが、今のところ我慢出来ない痛みではないので、薬は処方してもらいませんでした。

顔や頭のピリピリした痛みは頭部神経痛の可能性大

頭頂部や額の上、こめかみ、鼻、口元、顎辺りの一点がピリピリと痛む場合は、ほとんど頭部神経痛だと考えれます。

これは三叉神経等が、何等かの原因で圧迫される事により起こるとされています。圧迫の理由は、筋肉の凝り、血管の老化現象や硬化があるとされています。

三叉神経痛、頭部神経痛の治療法について

痛みがある場合は温熱療法が良いとされます。血液の流れを良くし、筋肉を凝りをほぐすとともに、硬化した血管を柔らかくします。

病院に行くと、痛みを取るための鎮痛剤(ロキソニン系)や血行促進のビタミン剤が処方されます。

三叉神経痛、頭部神経痛の予防策は体調管理にあります。つまり疲労やストレスをためない事が大切になってきます。

また夏場より冬場の方が神経痛は発症しやすいので寒さ対策をしっかりしておくと良いでしょう。

私の場合もそうでしたが、三叉神経痛、頭部神経痛は一過性の痛みで、だいたい翌日には治っています。

痛みも耐えられないようなものではありませんから、自然に治癒に任せました。

ただし、こめかみや頭部がズキズキと疼くような痛みだった場合は他の病気も考えれますので、医療機関に行った方がいいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする