多肉植物を育てて大儲け出来る訳~なんと1鉢450万も!!


【副業で密かにブーム】多肉植物を育てて大儲けするとは?

ダイソーなど大型100円ショップに行くと入口付近で小さなサボテンの鉢を売っているのを見かけます。

結構置いてあるので、「へえ、今サボテンって人気なんだ」と漫然と思っていましたが、それどころの話ではないようです。

以前、NHKの『所さん・大変ですよ』という番組で取り上げられていました。

実はサボテン、正確に言うと、サボテンを含めた「多肉植物」というのは現在ブームで、その多肉植物を育てて大儲けしている人もいるという話です。

多肉植物とは何?何故人気なのか?ブームの秘密は?

この可愛らしい植物が多肉植物になります。アフリカや中南米などの乾燥地帯に生息しています。

乾燥地を生き延びるため葉や茎に水を貯めます。そのため葉が分厚くなり、このような形になるのです。

アロエやサボテンも多肉植物の仲間になります。

人気の秘密は手がかからない事とその可愛らしい見た目

多肉植物は原産地が砂漠地帯なので、たまに水をあげればいいそうです。水のやり過ぎはかえって多肉植物をダメにしてしまいます。

人気の秘密は手入れが簡単な事と、なんと言ってもその見た目です。

プニュッとしたフォルムが女子を虜にしているそうです。

またコレクションするにも最適。一鉢ずつ育てて鑑賞できます。マニアになると何百鉢と集めています。

多肉植物のコレクターのことを「タニラー」と呼ぶそうです。

多肉植物は儲かる!!育てて売るビジネスも繁盛

多肉植物がブームになれば、売る方も儲かります。

1万株の多肉植物を育ている生産者の年間売上は1億円です。

多肉植物は交配させながら美しいフォルムのものを作っていきます。

多肉植物の出来によっては、ひとつ200万円以上になるものもあるそうです。

多肉植物のなかでも人気がある種類は「ハオルシア」です。

このハオルシアの栽培は、今、サラリーマンのいい副業になっています。

自分でハオルシアを株分けして増やしていき、それをネットオークションで売るのです。

このハオルシアで稼いだお金が毎月の給料を上回る人も出ています。

さらに多肉植物は中国でも注目が集まっています。中国で人気なのは日本で育てられた美しい多肉植物だそうです。

中国のオークションで450万円の値が付いた多肉植物もあるとか。

まとめてみると、多肉植物を栽培するというビジネスは、以下の3つの理由により初心者がやる副業としては最適です。

・育てるのが楽。

・株分けでどんどん増やせる。

・美しいフォルムの多肉植物は高値で売れる。

ブームがいつまで続くかわからないけれど、やって損はないビジネスに思えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする