睡眠サプリが効果ない理由~不眠症にグリナやメラトニンは効かない


現代人は様々なストレスに晒されています。

それが原因で夜、睡眠が思うようにとれていないと感じる人は多いだろうと思います。

寝つきが悪い。眠りが浅く、すぐ目覚めてしまう。熟睡感がなく疲れが取れない・・・などと不眠症とまで行かなくても睡眠の質の低下に悩んでいる人も相当数いるでしょう。

かくいう私も不眠症気味です。

しかし病院に行って睡眠薬を貰うというのにはどこか抵抗があります。この程度は病気とは言えないのではないか、と考えるのです。

そこで私は以前、睡眠サプリなるものを色々と試してみました。

しかし結果的に睡眠サプリでは不眠は改善しませんでした。

睡眠サポートサプリ、グリナを試してみた結果

味の素が提供している睡眠サプリに「グリナ」という商品があります。

睡眠サポートサプリメントで「日本初の機能性表示食品」となっています。

つまり、睡眠を補助する機能を謳うことが出来る商品で、ある程度の効果が期待されます。

500円でお試しが出来るので、私も購入してみました。

睡眠サポートサプリ「グリナ」 | 味の素KK 健康基盤食品

グリナの成分はグリシンというアミノ酸です。

グリシンは人間の体を作っている重要なたんぱく質の成分です。また神経伝達物質の一つとしても働き、運動や感覚、呼吸といった身体機能にも関わっています。

グリシンは普段私達が食べている食事の中に多く含まれています。とくに魚介類の中に豊富に存在しています。

10年ほど前に、味の素の研究によりグリシンに睡眠改善効果があると判明しました。

私もかなり期待してグリナを試してみました。

しかし残念ながらグリナで睡眠改善は実感出来ませんでした。

私は半年ほどグリシンを飲んでみましたが結果は同じでした。

効果がある人もいるのでしょうが、少なくともグリシンを寝る前に摂取したからと言って眠気が襲ってくることはありません。

それは期待しない方がいいです。

睡眠サプリの定番、メラトニンも試してみる

睡眠サプリとして昔から知られているものに「メラトニン」があります。

2~3年ほど前まではAmazonでも輸入品を購入することが出来ましたが、最近は買えません。(理由はわかりませんが、自主規制したのでしょうか)

他の通販サイトでは輸入品を買うことが出来ます。

私は4、5年前にメラトニンサプリも飲んでみました。

しかし、このメラトニンサプリも私の場合はまったく睡眠の改善に効果がありませんでした。

メラトニンはスバリ睡眠ホルモンそのものです。

人間が日中、活動している時、脳からセロトニンが分泌され、メラトニンは抑えられています。夜になると、セロトニンがメラトニンに置き換わります。メラトニンの原料がセロトニンなので、この2つのホルモン物質はコインの裏表です。

太陽の光を浴びると脳内でセロトニンがたくさん作られます。したがって太陽光を浴びることは睡眠に良い結果をもたらすのです。

ではメラトニンサプリは何故効果ないのでしょうか。

結論から言えば、メラトニンサプリを飲んだからと言って、脳内から分泌されるメラトニンの量は増えないからです。

メラトニンを増やすには、サプリによる経口投与ではダメだろうと考えます。成長ホルモンと同様に注射による投与しか効果ないのではないか・・・これは私の推測に過ぎませんが。

効果があるのはドリエル等の睡眠改善薬だけ

グリシンにしろ、メラトニンにしろ、サプリでは睡眠の改善はあまり期待できません。

不眠症になってしまっている人には、睡眠サプリはまったく効かないだろうと思います。

不眠症は立派な病気ですので、病院に行って、適切な睡眠薬を処方してもらうより方法はないかもしれません。

不眠症まで行かないけど、入眠障害があり、寝付きを良くしたいと思っているなら、ドラッグストアで売っている睡眠改善薬の方がサプリなんかよりよっぽど効きます。

実際、ドリエルを飲んでみました。

飲んで1時間半後、強い眠気が襲ってきました。サプリとは違い、確実に効き目を実感出来ます。

ただし、私の場合、ドリエルを飲むと翌日の昼までは眠気が抜けませんでしたが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする