色覚異常のことを色覚特性だと呼ぶことに抵抗がある理由


色覚異常の世界を一般の人はけっして理解出来ない

色覚異常の私は、一般の人が見ているカラフルな世界のことをイメージ出来ません。

逆に正常色覚の人も色盲の世界を知ることは出来ません。

例えば、色覚障害に関して何も知らない人は、「色盲」と聞けば、モノクロの世界を見ているのだろう、と考えがちです。

モノクロの世界、すなわち白黒映画の世界です。

しかし、実際はそうではなく、色覚異常の人はある程度の色を感じています。

(色覚異常は程度の差が大きいので一般論を言うことは難しい。だから少なくとも私のケースで述べます)

赤緑色盲は、赤と緑が見えないのですが、全然見えないのではなく、例えば、郵便ポストは赤だとわかります。

しかし、どうでしょう。

私がポストを見て赤く感じる、赤の度合いと正常な人が見るポストの赤の度合いは全然違うはずです。

私には郵便ポストの赤はくすんだ、なんとも冴えない赤で、目に飛び込んでくるような美しい赤ではありません。

また、郵便ポストの赤は識別できるのに、信号機の赤はまったく識別できません。

おそらく正常な人が、

「えっ、信号機の赤もわからないの?」

と驚くかもしれません。

また、赤緑色盲と聞くと、よく人に

「赤が緑に見えるのか?それとも緑が赤に見えるのか、どっちだ?」

みたいなことを尋ねることがありますが、どちらでもありません。

赤と緑、それに茶色も同系色に見えます。

これら3色を混ぜ合わせたようなくすんだ色です。

色覚異常ではなく色覚特性と呼ぶことへの抵抗

正常色覚の人間同士でも、他人が本当はどういう色を見ているのか知ることは出来ない。

「お前の見ている赤が俺の見ている赤とまったく同じかどうかなんて知りようがない」

認識論の世界に入ると、究極的にはそうなのでしょう。

それをもって、だから色の見え方は「個性」だと強弁する人がいます。そのような主張の方は色覚異常ではなく色覚特性だ、という言葉を使います。

別にその理論は間違っていません。

間違っていませんが、私の色覚異常はそういう次元ではないのです。

信号機の黄色と赤が見分けられないのに、それを個性などと片付けてしまうことはかなり暴力的です。

私は自分の色覚異常をはっきりとハンディキャップだと認識しています。障害だと思っています。

だから車の運転はしませんし、色が分からなくて困る時は他人に尋ねますし、自分が色覚異常だと他人に話します。(若いころはそれが出来ませんでしたが)

実は私の母方の親類で私と同様、色覚異常の男の子がいますが、その子は車を運転し、事故を起こしました。

なぜ、事故を起こしたのかと警察で訊かれ、彼は

「信号機をうっかり見落としたから」

と答えました。

私にははっきりわかりました。彼は色覚異常がゆえ、信号機の赤を見落としたことが。

幸い、他人に怪我を負わせることはなかったのですが、人を殺してしまったらどう責任を取るのでしょうか。

色覚異常だからと言って、何も自分を卑下する必要はありません。しかし自分の障害を受け入れず、向き合わず、自分は他人と変わらないと思っていると、痛い目に遭うのです。

これは眼科医にも問題があります。

色覚異常の子供に「日常生活には支障ない」と安易に言うのも本当にそれが本人のためになるかどうかです。

したがって私は色覚異常のことを色覚特性だと言うことには抵抗があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする