ネット上の色覚テストは信用してはいけない


ネット上の色覚検査では正確な判断は出来ません!!

ネット上では簡単に色覚テストができるサイトがいくつかあります。

自分が色覚異常かどうかは、一応、これらのサイトでも診断はできなくはありません。

ただし、自分が見ているモニター環境の違いによって、色覚異常があっても見えてしまうことがありまし、その逆もあります。

検査表は環境によって見え方に違いがあります。

実は、実際に石原式検査表を見て行う色覚テストでも、自然光の下で見た時と白熱電球、蛍光灯下で見た時で見え方が違ってくるのです。

(石原式検査表とはドットで描かれた数字やひらがなを読むやつです)

したがって、ネット上の色覚検査で自分は色覚異常かもしれないと思った人も眼科できちんと検査することを勧めます。

もう1つだけ注意点を述べておくと、

ネット上で検査表がまったくわからなかったとしても、軽度の色弱である可能性はあります。

石原式検査表はごく程度の軽い色弱でも検出できるように厳密に作られています。

眼科では石原式以外の色覚テストも行いますので、自分がどの程度の色覚障害かを確かめることが良いと思われます。

・・・・ところで、

画像元:https://news.infoseek.co.jp/article/sunday_5132230/

この中で一番暗いのを選べと言われて、みなさんはすぐ分かるでしょうか?

私は簡単に見分けられます。

右下、ですね。

この色覚テストはこのサイトにあったものです。

上のパネル以外に9枚同じようなパネルがあり、そのうちの一番暗いやつを選べというものですが、私はすべて即答出来ました。

当たり前です。

そもそも、この色覚テストは色の違いを見分けるのではなく濃淡を見分けるテストなので、強度の色覚異常の私でも簡単に見分けることが出来るのです。(むしろ、色覚異常である私の方が正常な人より濃淡を感じる能力は上です)

『全問正解ならすぐれた色覚の持主』

とそのサイトにはありますが、少し笑えますね。

このようにインターネットの色覚テストのサイトには、まったく信用できないものがあるので、要注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする