色覚異常の原因は本当に錐体なのか?赤緑色盲を2色型とする疑問

色覚障害(色盲色弱)になるのは遺伝ですが、ではいったいどの機能が欠落して、色を見分ける能力が失われているのでしょうか。

一般的には目の異常と思われがちですが、人間が色を認識するプロセスはそう単純ではないことがわかっています。

私なりに調べてみて理解している範囲を述べたいと思います。

スポンサーリンク

網膜にある3つの錐体が色を感知し脳が色を認識する

目は外界の姿を映すレンズの役割をしています。

画像元:wikipedia

眼球の後ろの内膜に網膜(もうまく)があります。

この網膜のところに、錐体(すいたい)という細胞があり、そこで色を捉えます。いわばセンサーです。

人間にはその錐体が3種類あり、赤を感じる赤錐体(L)、緑を感じる緑錐体(M)、青を感じる青錐体(S)が色をキャッチします。

光の3原色なら、黄色錐体があっても良さそうですが、それはなく緑錐体となっています。テレビやPCはRBG方式で、レッド、ブルー、グリーンの3つの色で画面上のすべての色を作り出しています。黄色は赤と緑を混ぜると作れます。

それと似ていますね。人間が色を感知するセンサーも赤、青、緑があれば良いことになります。

さて、この網膜の錐体細胞で捉えた色の情報は、脳の後頭部の視覚野に送られ、そこで初めて人は色を認識します。

画像元:wikipedia

交通事故などでこの脳の視覚野を損失すると、後天性の色覚異常になることがあります。

つまり色を見ているのは目ではなく脳ということになります。

先天性色覚異常はどこが原因か?

一般的に(医学的に)言われていることは、先天性色覚異常の原因は錐体にあるとされています。

赤錐体、青錐体、緑錐体の3つすべて持つのが3色型色覚で、正常な人間です。

赤緑色盲は、そのうちの1つ錐体がない2色型とされています。

では、どの錐体がないのでしょうか?

赤緑色盲は緑錐体がない、と言われています。

私的には、そんな馬鹿な、というのが実感です。

それが事実なら赤錐体が私にはあるということになります。赤錐体があるなら、赤は見やすいはずです。

しかし私には赤色はほとんど見えません

そして一番よく見えるのは黄色です。

黄色を感知するためには、赤錐体と緑錐体を使わなければなりません。

緑錐体がないのにどうやって黄色を作り出すのでしょうか。

謎です。

むしろ赤錐体がなく青錐体と緑錐体がある2色型ではないでしょうか。

いや、それでも説明つきません。

緑色そのものもあまり見えてませんから。

私が一般的な赤緑色盲ではなく、特殊なケースということも考えれますが、個人的には別のところに先天性色覚異常の原因があるように思えてなりません。

・・・じゃあ、どこに原因があるのか、というと

まあ、これはあくまでも私的見解ですが、

原因は脳の視覚野に行くまでの経路にあるのではないか、ということです。

私の色の見え方についてはのちの記事で詳しく述べますが、実はそう単純な話ではないのです。

赤色はほとんど見えなく、緑色はけっこう見えないのですが、それと当時に赤色は少しだけ見えて、緑色も多少は見える、のです。

このことは錐体の欠落では証明できないのではないか、と思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする