赤緑色盲だと出血、虫刺され、痣に気づきにくい


服選びや靴選びで困ったとしても、さほど大事には至りませんが、出血に気づかないとなるとそうもいきません。

静脈からの血は暗い赤なので、そこからの出血だと「赤」には見えません。

出血していたのに気づかないこともありました。

血がわからない!重大な病気を見逃す可能性も

擦り傷や切り傷で出血した場合、ふつうの人はすぐわかりますね。赤い色で血と判断できます。

私は色で判断できないので、少し舐めてみたり、ヌルッという感触で血ではないかと判断しています。

私の目には血の色は濃い茶色に見えるのです。

擦り傷や切り傷ならたいしたことありませんが、一番困るのは血尿血便の時です。

血尿や血便は重大な病気のサインなのですが、色がわからないとそれを見逃してしまいます。

実は私は血便が出ていたのに、しばらくの間気づかないことが最近ありました。

パンツが血で汚れていたことを家族から知らされ、それで血便が出ていたことがわかったのです。

幸い「切れ痔」だったようで大事には至らなかったのですが、出血を見逃していたことは少々ショックでした。若いころは病気になんか罹らなかったので、あまり気にもしていませんでしたが、もうそういうことも留意しないといけいないようですね。

それと血便が出た場合、医師から血の色はどういう感じか尋ねられます。黒っぽいのか、鮮血なのかとか。

自分でわからない場合はスマホで写真を撮っておくと良いと思いました。それを医師に見せればいいかと。

蕁麻疹、虫刺されなどの痕などもわからない

蕁麻疹が出たり、虫刺されにあったりすれば、皮膚が赤くなりますが、その変化が私には見えないことがあります。

しかし、自分の体に蕁麻疹が出たり、虫刺されがあったりすれば痛みや痒みで場所がわかるので問題ありません。

自分の体ではなく、例えば幼い子供の体にそういうことがあった場合、うまく患部に薬を塗ってあげられません。

実際に私もそういうことがありました。

女性の色覚異常は少ないですが、母親が強度の赤緑色盲だと、子育てで困るケースが出てくるかもしれません。

赤ん坊の顔色目の充血などの症状をきちんと見分けられないことがあると思います。

やはりそんな時は身近な人に尋ねるしかないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする