はじめまして…色の見えないキリンです

はじめまして。

麒麟です。

麒麟(キリン)は空想上の生き物で、こんな感じの動物です。

麒麟のネームを使おうと思ったことにとくに理由はありません。まあ、ちょっとカッコいいかな、と思ったぐらいですかね。

・・・・ところで私は産まれてから今まで色を見たことがありません。まったく見えないわけではないですけど、ほとんどの色は見えてません。

信号機の3色もわかりません。

いわゆる先天性色覚異常、色盲というやつです。

先天性の色覚異常は男性だと20人に1人の割合でいますが、色の見え具合は人それぞれです。軽度の色弱なら、日常生活に支障がないとも言われています。

私の場合は、強度の色覚異常です。

高校生だった時に、大学病院で細かい検査をしたら、ほとんどの色が見えていないことがわかりました。

その時はかなりショックでした。

自分ではそれなりに色は見えていると思っていたのですから。しかし、それまでの人生で色がどれほど見えないかを実感したことはありました。

たとえば『夕陽は赤い』と言われるけれど、私は赤く見えたことがありませんでした。

桜の花がピンク色だと言われても、一度もピンク色だと感じたことがありません。

そもそも、オレンジ色とか紫色とかエメラルドグリーンとか、そういう言葉を知っていても、それがどんな色なのかまったくイメージができません。

本当の色を実感していない(体験したことない)ので、その言葉が具体的にどのような色を示しているのか理解できないのです。

だから私にとって色とはたんなる言葉上の記号でしかありません。

「色が見えないからと言って日常生活に不便はない」

そう言う方もいます。

さらに色覚異常の男性は計算上、300万人いることになります。もし日常生活に支障があるなら、もっと声を上げているはずだ、と。

私が考えるに、それには様々な理由があると思います。詳しくはこのブログで考えていきたいと思います。

このブログのメインテーマは、私のような色がほとんど見えない人間が、情報化社会の現代社会で、どのように生きていくか、生き延びるかを探っていくことにあります。

これは他の病気を抱えた方たちも同じことかもしれません。

時には妥協し、時には意思を貫きながらも、現代をサバイバルする、それが大切なのです。

明るく前向きに情報発信できたら、いいなと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする