野良猫の糞尿対策にガーデンバリアを試した結果


3年前ほどから、自宅のまわりに野良猫が4、5匹、歩き回るようになった。

理由ははっきりしている。

三軒隣の、ご近所に住むお爺さんが、野良猫を餌付けするようになったからだ。

そのお爺さんは5年前に妻に先立たれ、寂しい生活をしていて、それを紛らわすために猫に餌付けするようになった。

お爺さんが散歩すると、猫たちは集まってきて、尻尾を立てて直列に並び、お爺さんの後を追っている。

ご飯が貰えるので、お爺さんから離れない。

お爺さん以外の人間が近づくと一目散に逃げる。

野良猫なので警戒心は強い。

私は猫の事が好きでも嫌いでもない。

動物は飼っていないが、飼うとしたら圧倒的に犬だろう。子猫は可愛いと思うが、太った大きな猫を見ると正直、気持ち悪いと思ってしまう。

触りたいとは思わない。

猫が自宅の周りにうろつくのを見ることも、発情期になるとうるさいぐらいに鳴き出すことも、まあ我慢出来る。

しかし、我慢出来ないこともある。

それは我が家の庭に入ってきて、糞尿をすることだ。

庭の花壇に穴を掘って、糞をしたりおしっこをして帰っていく。あれはたまらない。

当然、猫が庭に侵入しているのを見かけると、音を立てたり、声を出してたりして追い払う。

本当は石を投げてつけてやりたい気分になるが、猫を傷づけると「動物愛護法」とやらに抵触するので、それはしない。

もちろん、色々対策はした。

猫が入らないように、花壇にギザキザのマットを置いてみたり、

漂白剤を撒いたりしてみた。

一応の効果はあった。

特に漂白剤を撒いた場所に猫は近づかなかくなった。

しかし、うちの庭は結構広いので、猫除けマットや漂白剤を撒かれた場所を避けて、野良猫どもは糞尿をしていく。

どうやら夜に侵入して、うちの庭をトイレ代わりにしているようだ。

お爺さんが餌付けを止めれば、猫も集まってこない。

何度か、やんわりと「餌付けを止めてくれ」と言ったが、お爺さんは言う事を聞いてくれない。

この手のトラブルが原因で物騒な事件も起きているので、あまり感情的になってもということで、それ以上は言えなかった。それにお爺さんの寂しい気持ちもわからないではない。

ということで、自分で何とかするしかないと思い、ネットで色々調べてみると、猫除けの装置が売っていたので買うことにした。

超音波で猫を撃退する「ガーデンバリア」の効果

買ったのはユタカメイクの「ガーデンバリアGDX」

価格はAmazonで7,590円。

猫が近づくとセンサーで感知し、超音波を発して猫を近づけないようにする。

超音波は人間の耳には聞こえない。しかし猫には聞こえる。猫には耳元で大声で怒鳴られているぐらいのインパクトがあるらしい。

猫を超音波で撃退する装置は、もっと安いものもあるが、この「ガーデンバリア」はカバーする面積が広いので、我が家の庭には適している。

さらに発する超音波も周波数をランダム(18~23kHz)に変動させて、慣れを防止するとある。

メーカーの宣伝文句では、効き目が半永久的とあり、しかも効果がない場合は返金すると言っている。

メーカー側も相当な自信があるみたいで、かなり期待して設置した。

こんな感じで「ガーデンバリア」を庭に置いた。

設置してまだ3週間だが、猫は来なくなった。

どうやら効き目はあるようだ。

これで猫の糞尿被害が無くなれば、良いと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする