薬なしで血圧を下げる方法~色々試して効果アリはこれ!!


数年前まで血圧の事なんか気にしないで過ごしてきましたが、ここ数年、健診で測ると上が150台、下が90台という値です。医師からも気を付けるように言われています。

年齢も40を越えたので、自分でもそろそろ対策をしないといけないなあと思っていました。

誰でもそうですが、なるべくなら降圧剤(薬)には頼りたくありません。

そこで、血圧を下げるために自分で出来ることをネットや本で調べて、挑戦してみる事にしました。

運動やダイエット、減塩、様々なサプリなど、試した方法は約8通りです。

期間は2年間、ちょっとした人体実験をしました。

その結果がこちら。

なんと私の血圧は上が30、下が20も落ちて、すっかり正常血圧になりました。

自分でも驚きでした。ここまで落ちるとは正直思いませんでした。

血圧を下げるのに、試した8つの方法のうち、効果があったもの、まったくなかったものがあります。

血圧を薬なしで下げたいと考えている方の参考になればと思います。

2年間、自力で血圧を下げるために実験した結果

① 減塩してみる

血圧を下げる方法で最初に思いつくのはこれ。

減塩です。

日本食は塩分多めで、そのせいで日本人は血圧が高くなると言われています。

味気のない薄味の食事を2ヶ月続けてみました。

薄味の食事はすぐに慣れ、苦痛はなかったのですが、しかし肝心の血圧は下がりませんでした。

減塩は私の血圧には効果なしです。

【結果は✖】

② 運動してみる

適度な運動することで血圧が下がることは知られています。

例えば、スローランニングやウォーキングなどの有酸素運動をした1時間後に血圧を測ると10ほど落ちています。

しかし、それは一時的なものです。運動をすることで血流が増え、血管が膨張し、その後運動を止めても血管はしばらくは膨張したままなので、血圧が下がるのです。

肝心なのは、一時的な血圧降下ではなく持続的な血圧降下です。

そこで、私は2ヶ月間、毎日1時間の「早足ウォーキング」を続けてみました。

早足ウォーキングは夕方、食事前に充分な水分補給をしながら行いました。

体を動かすことは気持がよく、精神衛生上でも非常にプラスです。血圧に関係なく続けようと思いました。

血圧はだいたい全体的に5ほど落ちました。

少し効果はあったのですが、その程度です。

したがって【結果は△】です。

③ 食事を減らす/ダイエットしてみる

自分のBMIは20.72(身長173cm、体重62kg)です。

標準体重ですからダイエットは不要なのですが、2ヶ月で3kgほど落としてみました。

おかずの量は変えずにご飯の量を2/3にするという、いわゆるプチ「炭水化物ダイエット」です。

これで体重3kg落ちました。

最初、自分は肥満ではないで、体重を少し落としたぐらいでは血圧変わらないだろうな、と予想していたのですが、これが大違いでした。

150ー90だった血圧が、130台ー80台にまで下がりました。

食事の量を減らすと血圧は確実に落ちました。

血圧を下げるのに、「食事を減らす」は

【結果〇】でした。

ただし、これ以上体重は落とす気がないのでそこまででした。

④ お酢を飲んでみる

ミツカンのサイトに「お酢を毎日大匙一杯飲むと血圧が下がる」ということが書かれています。

酢の中にある酢酸に血管拡張作用があるそうで、このことは科学的にも証明されているとミツカンのサイトで述べられています。

ということで私はリンゴ酢を買って、毎日15ml(大匙一杯分)飲んでみました。

飲んだリンゴ酢はこちら。

はっきり言って「酢」は苦手です。

たった15mlですが、苦痛でした。しかし、これで血圧が下がるならと思い我慢して飲み続けました。

3か月間、続けました。

しかし結果は血圧下がらず、です。

どういうことなんでしょう?

お酢を飲めば下がるのは「科学的にも証明されている」とありますが、こういう事には個人差があるのでしょうか?

ともかくお酢で私の血圧下がりませんでした。

【結果は✖】です。

⑤ DHA、EPAサプリを試してみる

青魚が血液をさらさらにして血管を丈夫にすると言うのは誰でも耳にしたことがある話ではないでしょうか。テレビの健康番組でも散々紹介されていますしね。

そこで私もDHA、EPAサプリを試すことにしました。

DHA、EPAはサプリの中でも一番の売れ筋。まさにこれぞ定番と言ったサプリです。

血圧降下作用にかなり期待して飲みました。

これで血圧が下がってくれたら言うことなしです。

買ったのは小林製薬さんのサプリです。

こちらも2ヶ月間飲み続けました。

サプリですので、とても楽チン♪

しかし、血圧降下はまったく見られずです。

いやあ、青魚は効くと思ったのに・・・

【結果は✖】でした。

⑥ 納豆を毎日食べる

納豆はナットウキナーゼを含み、血液中の血栓を溶解し「血液サラサラ」の効果があります。

また納豆に含まれているカリウムは、体内から塩分を排出してくれますので、減塩にも効果あります。(醤油やタレをかけずに食べれば)

私は関東の人間ではないので納豆を食べる習慣はないのですが、毎日ひとパック、2ヶ月間食べ続けました。

しかし納豆も私の血圧降下には効果なし、でした。

【結果は✖】です。

しかし、納豆は健康にいいし、2カ月間食べ続けて好きになったので、これからも食べ続けようと思います。

⑦ ナイアシンサプリを飲んでみる

ナイアシンとは、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、ビタミンB群の仲間です。ナイアシンはニコチン酸とニコチンアミドの総称となっています。

私がナイアシンに注目したのは、ナイアシンに血管拡張作用があるとされているからです。

ナイアシンから作られたニコランジルは、狭心症に対する血管拡張剤として使われています。

市販のナイアシンサプリでもひょっとして、その血管拡張作用があるのではないかと期待して飲んでみました。

ナイアシンサプリは日本製のものはなく、海外製のサプリになります。

上のナイアシンサプリを買って、なくなるまで飲み続けました。

ナイアシンサプリを飲み続けた結果、血圧の方は5ミリほど落ちましたが、はっきり言って効果のほどは微妙ですね。

【結果は△】です。

続けようとは思いません。

⑧ ヘスペリジンサプリを飲んでみる

2年間、血圧を下げる試みをして、一番効果があったのはヘスペリジンサプリでした。

柑橘類の皮に含まれているポリフェノールの成分で、ヘスペリジンというのがあります。

ヘスペリジンは別名ビタミンPとも呼ばれています。

このヘスペリジンは抗酸化作用、抗炎症作用の他、血管拡張作用があるとされています。

主に冷え性の女性が、このヘスペリジンサプリを飲んでいます。毛細血管の拡張により手足の冷えの改善にヘスペリジンは役立つからです。

また柑橘類には血管を若返させる力があるとの研究結果があります。

血圧が上がる最大の原因は加齢による血管の硬化にあります。

そしてそれを防いでくれるのが、柑橘類の皮に多く含まれるヘスペリジンとなります。

多分私の血圧が大幅に下がったのは、そのような事が原因ではないかと推測します。

ヘスペリジンサプリを2ヶ月間、とり続けたところ、血圧が110台ー70台にまで落ちました。

これはまるで降圧剤を飲んでいるようなすごい効果であり、自分でも驚いています。

飲んだヘスペリジンサプリはこちらの2つです。

最初はグリコの方を飲んでいましたが、DHCの方がコスパはいいです。効果はどちらも同じようにありました。

ヘスペリジンを飲み始めて現在1年以上が経ちましたが、血圧の値はとても良好で、血圧は上は110台から120台、下は70前後に収まっています。

私が2年間、血圧を下げるためにやった実験で、確実に効果があったのは「食事の量を減らす」「ヘスペリジンサプリを飲む」の二つです。

もちろん、その他の事も効果あるのだろうと思いますが、あくまでも私の体にとっては、その方法がベストでした。

ご参考になればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする