補色と残像~色盲だと驚きの残像が見える!?


画像元:wikipedia

色の関係を表す言葉として補色というのがあります。

補色とは、ある色に対する反対色の事を意味します。反対色である一方、その色を補完する性質もあることから補色と呼ばれています。

例えば、赤の補色は緑です。

青の補色はオレンジ色。

黄色の補色は紫です。

「赤、青、黄」の三原色の補色は、

「赤」に対しては「青と黄」の混合色である緑。

「青」に対しては「赤と黄」の混合色であるオレンジ。

「黄」に対しては「赤と青」の混合色である紫。

が、補色関係になります。

つまり、ある色とその補色を混ぜた場合、光なら無色に、絵具なら黒色になります。(実際の絵具はこの3つを合わせても黒にはなりません。厳密な3原色ではないため)

補色同士の色の組み合わせは、互いの色を引き立て合う相乗効果がありファッションやデザインなどでその原理を利用していることもあります。

青空にひまわりの黄色は補色に近い関係なので映えます。

よく夏のポスターやカレンダーに使われる絵ですね。

人の視覚と補色に関しても、面白い事実があります。

それは人が色を見た後、目を瞑り、脳裏に残る残像は必ず補色になるということです。

赤い光を見て、目を瞑った時の残像は緑。

青い光の残像はオレンジ。

黄色い光の残像は紫です。

ドクターが着る手術着がグリーンや青なのは血の赤色の反対色(補色)にして、目の残像を消そうとしているそうです。

色覚異常と補色の関係

補色と残像の関係は私のような色覚異常だと、実は違った風になります。

正常色覚の人は緑の光の残像は赤色になりますが、私の場合、緑の光の残像は薄い青もしくは白になります。

なぜか?

これは私の憶測でしかありませんが、赤緑色盲で緑色を感じることが出来ないので、私の脳には残像にも色が付かないのだろうと思います。

赤色の光の残像も同様で、はっきり何色と言えるようなものは残像として残りません。

・・・ところが、白い光をじっと見て目を閉じるとオレンジ色の光の残像が残ります。

不思議ですが、これも説明出来ません。

色がほとんどわからないので、補色も見えない。

これは当然と言えば当然なんですが、色がついていない白い光の残像には何故か色が付く。

摩訶不思議な話ですね。

ところで服選びで上着とズボンを補色にすると良いと何かの本で読んだ記憶があります。

私は自分が色選びが出来ないので、シャツとズボンの組合せは、濃淡でやっています。

上が濃い色ならズボンは薄い色。

ズボンが黒や紺なら上は薄い色という具合に。

これでだいたい悪くないファッションになると自分では思っていますが、どうでしょうか?

まあ、私の私服なんか他人は見ちゃいないんでしょうけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする