ドロップシッピングで稼ぐ方法~「もしも」で売れるサイトを作るには?

もしもドロップシッピングで稼ぐ方法~利益を出すコツや、売り上げを伸ばす秘訣はある!!

前回の記事

「ドロップシッピングは儲からない?アフィより劣るデメリットも」

でドロップシッピングの悪口!?を書いたので、ドロップシッピングよりアフィの方がいいんじゃない?と思う人は多いかもしれません。

しかし実はアフィリエイトで稼げる人はドロップシッピングでも稼げます。

つまりやっていることに大差ないと言えるかもしれません。

ドロップシッピングの醍醐味は注文が入った瞬間に、

「注文が入りました」

即座にメールで知らせてくれることです。

このメールが入ると俄然やる気になるんですよね。

毎日、この「注文が入りました」メールが来るようになるとドロップシッピングでも稼げるなという実感が沸きます。

ドロップシッピングで稼ぐ方法を教えて欲しい、と思っている人は多いと思います。

稼ぎ方というものはあるのか?

と問われれば、

「あります」

と答えるでしょう。

具体的に言えば、以下の3点を念頭にショッピングサイトを作れば、良いと思います。

スポンサーリンク

① ショッピングサイトは、1つの商品に特化した専門サイトを作るべし

もしもドロップシッピングには山ほど商品がありますが、手当たり次第商品を選ぶより、ターゲットを絞り、1つのジャンル、あるいは思い切って1つの商品だけ売るようなサイトを作った方が儲けやすくなります。

アフィリエイトで言うところの「特化サイト」に似ているかもしれません。

1つのジャンル、商品に絞ることの利点は2つあります。

1つは、SEOで有利になること。いろんな商品を扱うごちゃまぜではどうしても検索サイトの評価が低くなります。

ジャンルを絞れば、それだけで検索順位が上がります。さらに商品を絞った場合、商品名をサイト名に入れると、消費者がその商品名で検索した時に上位に表出されます。

2つ目の利点は、専門店にすればサイトの信頼度が上がるということ。なんでも売っている何でも屋ならAmazonに勝てません。ならば専門店することで、この商品ならAmazonではなくこっちで購入した方がいいかもしれない、と消費者に思わせることができます。

その際のポイントとして、口コミやレビューをたくさん載せます。

もしもドロップシッピングでは購入者レビューがたくさん書き込まれているのでそれを利用すると効果的です。

② 利益の高い商品を選ぶべし

次に商品を選ぶ時には利益の高い商品を選ぶことです。

あくまでも利益であって利益率ではありません。

一個売れて、儲けが1000円以下の商品はどれだけ人気商品でも捨てます。最低でも1000円以上の利益がある商品を選んだほうが稼げます。

価格が高い商品だろうが、安い商品だろうが1つ売る苦労は同じです。

3千円の商品を売るのも3万円の商品を売るのも、サイト作り、SEO対策の苦労に変わりありません。

だったら、利益の高い商品を売った方が断然儲けられます。

私はよく、こちらの「玉川岩盤浴スーパーマット」の商品を売りました。

この商品は1つ売れると利益が1万円です。

ですので、この商品1つで専門サイトを作れば良いということになります。

③ サイト作り、SEOにはお金をかけないのが基本

上で紹介した「玉川岩盤浴スーパーマット」は1つ売れると1万円なのでお金をかけたやり方、リスティング広告に出稿という手もありますが、私はやりませんでした。

基本的SEOはコツコツとやる以外にないと思っています。

無料ブログを使って、リンクを貼るというのが王道です。ただしむやみに数だけ増やせばいいというのではなく、内容がないと意味がありません。

実は私はもしもドロップシッピングをやる際にいっさいお金をかけませんでした。

レンタルサーバーも借りなければ、独自ドメインさえ取っていません。

それでも商品は売れました。

お客さんが商品を買う時に、ショッピングサイトのURLを気にする人はあまりいません。

結局はそのショッピングサイトに訪れた人間がどれだけ購買意欲をそそられる内容か、ということに尽きると思います。

もっとぶっちゃけて言うと、

商品を売が売れる、稼げるサイトを作る、もっとも簡単な近道は、

「もしも」で上位売上げのショップを見つけ、そのサイト作りを徹底的に研究することです。コピーはダメですが、その手法を取り入れることはOKです。

私もよく上位売上げショップを覗きますが「なるほど、これなら売れるな」とよく思いますので。

それを参考にするのが一番のコツです。

「ドロップシッピングの商品をブログだけで売る方法」の記事もご参考に。初心者向けです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする